メインコンテンツへ


ホーム > 黒豆煮汁の作り方

黒豆煮汁の作り方
コップに入った黒豆煮汁の写真

ご家庭でできる黒豆煮汁の作り方

黒豆の栄養素を上手にとるには、豆より煮汁がおすすめです。黒豆の栄養素は水溶性で、煮汁に多く溶け出すからです。ご家庭でも煮汁を作れますので、是非作ってみてください。

黒豆煮汁(エキス)の作り方

黒豆を水につける

鍋に水を入れ黒豆をつける
黒豆100グラムを水洗いし、水を入れた鍋に一晩つけておく。

水量を調節する

鍋の水が1リットルになるよう水の量を調節する
黒豆を浸している水量が、約1リットルになるよう調節する。

煮詰める

黒豆を20分ほど煮詰める
中火にかけ、沸騰し始めたら弱火にし、20分ほど煮詰める。

煮汁をこす

煮詰めた汁を容器に入れる(保存期間は3日程度)
煮詰めたら汁を茶こしでこしながら容器に入れる。
保存期間は3日程度。

家庭でできる黒豆煮汁(エキス)の作り方

作り置きの煮汁は、ペットボトルなどに入れて冷蔵庫で保存し、1日コップ2・3杯(200ml程度)お飲みください。
※市販の濃縮された「黒豆エキス」や、顆粒を煮汁にしたものもありますので便利です。

黒豆煮汁(エキス)の活用

エキスをとった黒豆は天然の甘味料(黒糖やはちみつなど)で味付けしたり、つぶしてあんこにしたりして、お食べください。黒豆のイソフラボンや、食物繊維などの栄養素も一緒にお摂りいただけます。

おことわり

本サイトに記載情報の無断複製、及び流用は著作権法の例外を除き禁じられています。
また記載された表現は、薬事法などに基づくものではありませんので、販売を目的としたご使用を固く禁じます。