ホーム > 元気の知恵袋 > 始まった機能性食品への期待

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

始まった機能性食品への期待

4月から「機能性表示食品」の新制度がスタートし、消費者庁には100件以上の届け出があり、すでに「血中中性脂肪や血糖値の上昇をおだやかにすると報告されている」とうたった飲料の表示が受理されているそうです。
黒豆博士といわれるノザキクリニック医院長で医学博士の野崎豊先生は黒豆の煮汁に含まれる多様な成分の効能について大学の医学部や農林水産省の研究所等と共同研究をされ、黒豆の有効成分についてその機能を記述されていますので、表示されるのも間近ですね。

黒豆の代表的な成分成分の生体活性機能
アントシアニン(ポリフェノール)  抗酸化作用・免疫力の活性化
イソフラボン・ソヤサポニン 血液の粘りを取る・血流改善
リノレン酸・リノール酸 中性脂肪を下げる
ペプチド・ペクチン 血中コレステロール低下作用
トリプトシン・インヒビータ 血糖値改善作用
ビタミン(B1・B2・E) 抗酸化作用・血流改善
ミネラル(マグネシウム・鉄・亜鉛) 血圧安定作用・骨粗鬆症の予防

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/34

コメントする