ホーム > 元気の知恵袋 > "もの忘れ"のあいだの黒豆エキス

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

"もの忘れ"のあいだの黒豆エキス

年相応の"もの忘れ"は誰にでもあり、日常生活に障害はありませんが今ではそこから"認知症"へと進みます。その理由は過度なストレスと脳の老化だといわれています。では脳の老化を防いだり、遅らせたりして日常生活を送るのにはどうすればいいのでしょう。

まずは健康の三原則"運動、栄養、休養"の正しい生活習慣の実行ですが、なかでも正しい食習慣が大切になります。認知症を防ぐためには脳細胞を活性化する黒豆エキスのイソフラボンやリコピンなどの栄養成分、抗酸化作用の高いポリフェノールやアントシアニン、免疫力の腑活化するカテキンやフラボノイドなど、黒豆エキスに含まれる植物栄養素の力を借りることをおすすめします。

認知症高齢者462万人、2040年には802万人まで増加すると厚労省が推計していますが、そうならないために今から黒豆エキスを毎日飲む習慣をつけたいですね。時には"もの忘れ"もストレス回避の時間かも知れません。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/71

コメントする