ホーム > 元気の知恵袋 > 黒豆エキスで糖尿病と認知症予防

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

黒豆エキスで糖尿病と認知症予防

九州大学の研究チームが「糖尿病の人は、認知症を発症していなくても脳の異変が始まっている可能性がある」と発表しました。

糖尿病の中でも食後に血糖値が上がりやすいタイプが脳の縮みやすさに関わっていると示し、糖尿病歴が10~16年だと糖尿病でない人に比べて約3%、17年以上だと約6%、記憶と関係が深い海馬の容積が小さいという結果が出たそうです。

糖尿病が認知症の引き金になることがわかります。黒豆博士といわれる野崎豊医学博士は、黒豆エキスが糖尿病の予防に効果があると指摘され、黒豆に含まれるトリプシンインヒビターが十二指腸を刺激して、パンクレオザイシンというホルモンを分泌させ、すい臓の働きを活性化し、インスリン分泌細胞の増殖や肥大を予防し血糖値を下げる効果があるからだといわれています。

黒豆エキスで糖尿病と認知症が予防できれば一石二鳥ですね。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/67

コメントする