ホーム > 元気の知恵袋 > のどの予防に黒豆エキス

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

のどの予防に黒豆エキス

昔から「黒豆の煮汁は、のどによい」といわれています。黒豆の煮汁に含まれているソヤサポニンという成分に、のどの通りを良くして声帯の炎症を治す働きがあることが知られています。

夏から秋にかけて、気候の変化で風邪をひきのどや気管支を痛めがちで激しい咳込みで呼吸器系を痛め肺気腫になることもあります。

そんな季節の移り変わりには健康維持に、黒豆エキスがおすすめです。

黒豆エキスには、ソヤサポニンやリノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸に炎症を抑える働きがあるからです。また、夏の疲れを癒すビタミンEやビタミンB1が豊富な黒豆の栄養成分の働きで、疲れを取ってくれ相乗効果もあります。

黒豆エキスには、神経の興奮を抑え、筋肉をリラックスさせる働きもあり、大事に至る前に日頃から黒豆エキスでのどの予防と合せおすすめです。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/82

コメントする