ホーム > 元気の知恵袋 > 赤から黒のパラドックス

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

赤から黒のパラドックス

1990年代初め頃から「フレンチパラドックス」という言葉が広がりました。直訳すると「フランスの逆説」ですが、その由来はフランス料理は肉料理が多くそれにクリームやバターがたっぷり入ったソースをかけるので、当然体に悪く動脈硬化になり、心筋梗塞や心臓病、血管系の病気が多いのではと想像されます。
フランス人が脂肪分が多い食事をとっているわりに心臓病の死亡率が低い理由として、同時に飲む赤ワインに含まれるポリフェノールがそれを打ち消すことから「フレンチパラドックス」と言われたのです。
赤ワインの逆襲です。今や栄養学的にも証明される事実ですが、この説で行けば赤ワインに変わって黒豆エキスの豊富なポリフェノールをおすすめします。
生活習慣病の予防と改善には黒豆エキスのポリフェノールによる「ジャパニーズパラドックス」を広めたいですね。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/37

コメントする