ホーム > 元気の知恵袋 > 効果のわかりやすい健康表示

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

効果のわかりやすい健康表示

体によい食品に関する第3の表示制度が今夏にもスタートします。この新制度は、サプリメントや加工食品、生鮮品や農産物でも健康への効果を消費者庁に届ければ、事業者の責任でその機能を具体的に「機能性表示食品」として表示できるというものです。
例えば緑茶に含まれるカテキンが「正常な免疫機能をサポートし、目や鼻の調子を整える」や、ミカンに含まれるβ-クリプトキサンチが「骨の健康を保つ」のように、わかりやすく表示できる制度です。
黒豆エキスに含まれるポリフェノールの抗酸化力によって「血糖値の抑制をはかる」などの機能表示ができるのです。
ただ表示通りの健康効果や安全性を確保するための科学的根拠がなければこうした表示はできず、虚偽の表示は罰則が科される可能性もあります。黒豆エキスの臨床研究や学会発表された健康実証データが活かされるようになってきました。ご期待ください。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/33

コメントする