ホーム > 元気の知恵袋 > 「健康な食事」のマーク

元気の知恵袋「ホロスの系譜」

「健康な食事」のマーク

今年の春、弁当やレストランで「健康な食事」マークの付いた健康メニューの食事が選べそうです。
厚労省が進めてきた事業で、円を三分割したマークに黄色は主食のお米の稲穂、赤色は主なおかずを表現した魚のうろこ、緑色はおかずの野菜の葉を表現したデザインとなっています。
3つの組み合わせの食事は650kcal未満で、食塩は3g未満といった基準を満たす弁当や惣菜、メニューにマークを表示できます。「健康な食事」の基準ができたのは、栄養の研究が進み、日本人の食事摂取基準がまとまったからで、「健康な心身の維持、増進に必要とされる栄養バランスを基本とする食生活が無理なく持続している状態」が期待されています。
マークが付いた食事をしていれば良いというわけではなく、抗酸化値(ORAC値)の表示された黒豆エキスや食品、緑茶なども合わせて活用する食生活の習慣を目指していきたいですね。

トラックバック

当サイトのトラックバックは、記事へのリンクのないトラックバックを拒否させていただいております。ご了承ください。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kuromamejiten.com/user-cgi-bin/mtos/mt-tb.cgi/30

コメントする