メインコンテンツへ


ホーム > 黒豆の抗酸化力

黒豆とは
健康的な老夫婦のイラスト

黒豆の抗酸化力

おそろしい体の“錆び”
活性酸素を食いとめる抗酸化栄養素

活性酸素
攻撃(酸化)は、
抗酸化栄養素との
バランスで防ぐ

酸素を必要としている人間にとっては、活性酸素が生まれることは普通のことで、身体内の抗酸化物質とバランスがとれていれば問題ありません。そのバランスが崩れると障害や病気への傾きが大きくなります。

人間のからだは活性酸素種/過酸化脂肪と抗酸化物質のバランスをとって健康を維持している
酸化ストレスが強くなると老化したり健康を損なったりする
健康を損なう例:生活習慣疾患(パーキンソン病、白内障、アルツハイマー病、老人性萎縮症、動脈硬化、糖尿病、高血圧、認知症、心不全、脳卒中、ガン) 健康を損なう例:変性・免疫関連疾患(変形性関節症、慢性炎症、血管病、そのほか自己免疫系疾患)

黒豆
ポリフェノールの力

免疫力を高めて健康を維持

黒豆を食べることでポリフェノールなどの抗酸化物質を摂取できて免疫力が高まり、白血球がバランスよく働くことができる。

黒豆を食べる→錆びない体をつくる→免疫力が高まる

免疫力を高める“ 白血球”の働き

健康を維持し病気に克つ体をつくるには、常に高い免疫力を保つことで、そのためには日々正しい食事の摂取が大切です。間違った食事が体の酸化を招き病気の原因をつくります。また、ストレスが病気をつくるといわれるように自律神経の働きが白血球に影響することもわかってきました。白血球には、体内に侵入した異物を免疫で処理する働きや、さまざまな役割があり、白血球のバランスのとれた働きが大切になります。そのためには、高機能栄養素の助けを借りるのが早道で、黒豆食品はその一品です。

黒豆の抗酸化物質の成分

抗酸化物質 ポリフェノール(アントシアニン、イソフラボン、カテキン、サポニン、セサミノール、ルチン、タンニン)
カテノロイド(βーカロテン、リコピン、アスタキサンチン)
体内合成抗酸化物質(グルタオチン、カタラーゼ、メラトニン、SOD酵素、尿酸)

ウイルスやガン細胞と戦う黒豆ポリフェノール

侵入したウイルスやガン細胞と戦う白血球の働きを助けるのが、ポリフェノールなどの植物栄養素たちです。体温を1 度上げると健康になるといわれていますが、アントシアニンやアミノ酸が体の冷えを防ぎ免疫細胞を増殖させます。レシチンやカリウムが新陳代謝や解毒作用を活発にし、ビタミンやミネラルが免疫力を活性化します。サポニンレシチンが血流を活発にして白血球の働きを助け、ウイルスやガン細胞の早期撃退を図るのです。ケガをした傷口が塞がるまで少し時間がかかるように、体内でも白血球が病原菌と戦ったあとの細胞の傷口や大量に発生した活性酸素の除去をアントシアニンがしてくれるのです。

「免疫」とは

私たちの体には、有害な細菌や病気から身を守ろうとする自然治癒力があります。免疫はこの自然治癒力の一つで、もともと体に備わっている自然免疫と一度外敵と対処して作られる獲得免疫があります。
この免疫系が協力して体内に侵入してくる異物を攻撃し、体を病気から守ってくれるのが“免疫”です。

「白血球」にある免疫細胞

免疫細胞は体に侵入してくる異物や病気から私たちを守ってくれます。この免疫細胞のほとんどが“白血球”にあり、白血球の中の35%を占める“リンパ球”の“ヘルパーT細胞”が重要な働きをします。

「免疫細胞」の機能としくみ

“ヘルパーT細胞”には1型(Th1)と2型(Th2)があり、体が健康な時には、お互いにバランスを保っていますが、例えば2型が優勢な状態になると花粉症などのアレルギー反応が強くなったり、また発ガンの危険も増えます。
1型が優勢だと自分の細胞を間違って攻撃する自己免疫疾患になったりします。
免疫力とは、一つはリンパ球のヘルパーT細胞のバランスを保つことです。

免疫をコントロールするリンパ球の仕組み

「免疫力」はTh1とTh2のバランスでコントロールされる。均衡がとれている時、身体は健康な状態

「免疫力」のバランスを正しく保つには

免疫をコントロールする“リンパ球”の60〜70%が腸内で働いています。まず腸内の働きを正常にすることが大切になります。
例えば、2型の暴発を防ぐには1型を活性化する乳酸菌や納豆などの植物栄養素の力を借り、腸内の善玉菌を増やしバランスを保つようにします。

「免疫細胞」の役割

  • ヘルパーT細胞-----異物の情報を体内の防御細胞に伝える
  • B細胞-----抗体を作って侵入してきた異物を撃退する
  • キラーT細胞-----傷ついた細胞の補修
  • サプレッサーT細胞-----コントロール情報(機能正常)の伝達

免疫細胞は、それぞれが役割をもって異物の侵入や病気から体を守る働きをしています。

黒豆の栄養素たちがチームで働き
「免疫力」を高める

黒豆には抗酸化力の高いポリフェノールが含まれています。ポリフェノールに含まれる「プロアントシアニジン」はビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍の抗酸化作用があるといわれています。
黒豆に含まれるポリフェノールの仲間たちやイソフラボン、たんぱく質、ビタミンB群ビタミンEミネラルα-リノレン酸サポニンオリゴ糖食物繊維などの多様な植物栄養素がチームで働き、細胞の活性化と免疫力の強化に高い効果を上げています。

疾病別 患者数及び予備群

疾病名 有病者 予備軍 対象者計 発症状況 出典 合併症 予防改善
ポイント
高血圧症     (2.700) ・50代 47.2%
・60代 61.4%
・70代 72.3%
厚労省
(H18)
  ・食生活改善
抗酸化食品の摂取
高血糖症     (2.700)       ・食生活改善
抗酸化食品の摂取
メタボリック
シンドローム
(内臓脂肪症候群)
940
(万人)
1.020
(万人)
(1.960)
(万人)
・40歳以上
 男性2人に1人、
 女性5人に1人
厚労省   ・肥満活改善
抗酸化食品の摂取
糖尿病 890 1.320 (2.210) ・国民の6人に1人が糖尿病
(40代以上の男性3人に1人、4人に1人が糖尿病予備軍)
厚労省   ・食生活改善
更年期障害   800 ( 800) ・女性45歳〜55歳     ・ホルモンバランスの崩れ
自律機能失調
花粉症
(アレルギー性鼻炎)
118   ( 118) ・小中高生の9.2%
(対象1.277万人)
文科省   ・免疫力強化
    (   )        
アトピー性皮膚炎 33   (  33) ・小中高生の2.6% 文科省   ・免疫力強化
    (   )        
認知症
(アルツハイマー)
305   ( 305) ・若年性(18〜39歳)10万人
・初期(40〜65歳)
・85歳以上
 4人に1人
厚労省   ・抗酸化食品の摂取
ガン
(悪性新生物)
375   ( 375) ・2人に1人がガン、
 3人に1人がガン死
(H20:33万人)
厚労省
(H20)
  ・活性酸素除去
・免疫力強化
感染症
(インフルエンザ)
55   (  55) ・09.8〜11
(新型インフルエンザ)
    ・免疫力強化
ダイエット
(肥満)
  2.500
(女性1.100)
(2.500) ・20歳以上女性
(1.100万人)
厚労省
(H20)
  ・食生活改善
抗酸化食品の摂取
おことわり

本サイトに記載情報の無断複製、及び流用は著作権法の例外を除き禁じられています。
また記載された表現は、薬事法などに基づくものではありませんので、販売を目的としたご使用を固く禁じます。