メインコンテンツへ


ホーム > 黒豆の効果・効能

黒豆とは
黒豆のイラスト

黒豆の効果・効能

黒豆に含まれる豊富な栄養素が
体に良い効果を発揮します。

「黒豆」
機能性成分と主な効果

黒豆に含まれる「アントシアニン」は、抗酸化作用を持ち体内の活性酸素に大きな効果を持っています。
その他にも黒豆にはさまざまな栄養素がバランスよく含まれた、健康に良い食品なのです。

機能性成分 提唱される効果
ポリフェノール アントシアニン 抗酸化作用/目の健康
イソフラボン 細胞のガン化抑制/ガン細胞の増殖抑制/骨粗しょう症の緩和/更年期障害の緩和
サポニン 抗酸化作用/ガン増殖抑制
ビタミン類 ビタミンB1 皮ふや粘膜の健康維持
ビタミンB2 糖の代謝促進
ビタミンE 抗酸化作用/老化防止
脂質 レシチン 中性脂肪の溶解/脂肪肝の改善/細胞の活性化
α-リノレン酸 血圧低下作用/血流促進/免疫機能の活性化
オレイン酸 悪玉コレステロールの除去/
胃酸分泌のコントロール/
ガンのリスクとなる加酸化脂肪の抑制
フィチン酸 ガン抑制作用
糖質 オリゴ糖 ビフィズス菌増殖作用/胃の粘膜保護
食物繊維 整腸作用/大腸ガン抑制
トリプシンインヒビター 糖尿病の予防
ミネラル類 カルシウム 骨粗しょう症の緩和/酵素の調整・活性化
亜鉛・鉄  

「黒豆」の栄養素が
予防・改善する
身体の不調や疾病

黒豆のもつ各種の栄養成分が病気を遠ざけ、
いろいろな病気を改善します。

肥満や冷え性、便秘といった
女性に多い症状などへの黒豆の栄養機能の働き
不調・疾病 予防・改善の「黒豆」栄養機能の働き
肥満 脂肪や糖分の吸収を抑えるレシチンや便秘を改善するオリゴ糖やペクチン、食物繊維ダイエット効果をもたらします。
冷え性 シアニジンがコレステロールを減らし、ビタミンE血流を改善し末梢血管を拡張し血行を促進します。
便秘 食物繊維オリゴ糖が腸内環境を整え、新陳代謝を活発にし便秘を防ぎます。
眼精疲労 水溶性のシアニジンが血流によって水晶体まで運ばれ、眼精疲労を引き起こす活性酸素を除去します。
ストレス・不眠 レシチンが神経伝達物質のアセチルコリンを増やし、脳神経の働きを安定させ、カルシウムと一緒に神経の興奮を抑えます。

 

アレルギー症
(花粉症・アトピー)

鼻の粘膜を強化するリジンやビタミンB1、亜鉛、鉄分が花粉症やアレルギー性鼻炎を改善します。
骨粗しょう症、白髪・抜け毛、皮膚の老化といった
アンチエイジングなどへの黒豆の栄養機能の働き
不調・疾病 予防・改善の「黒豆」栄養機能の働き
骨粗しょう症・
関節痛
イソフラボンが女性ホルモンの減少を補い、骨の分解を抑え、丈夫な骨をつくり、関節や腰の痛みも改善します。
更年期障害・
生理不順
女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをイソフラボンが効果を発揮し、ホルモンバランスの乱れを改善します。
白髪・抜け毛 黒豆の抗酸化成分とビタミンEが頭皮の血行を改善し、レシチンやカルシウム、亜鉛が髪の発育を促進します。
皮ふの老化 イソフラボンがホルモンバランスの乱れを防ぎ、女性の体内の働きを整えハリとうるおいのある美肌づくりを助け、皮膚の老化を防ぎます。
高血圧症 血流の改善、悪玉コレステロールの酸化を防ぐポリフェノールが、血管を柔らげ、血圧障害を防ぎます。
血糖症 黒豆に含まれるトリプシンインヒビターがインスリンの分泌を促進し血糖値の改善を図ります。
動脈硬化
(脳梗塞・心筋梗塞)
ポリフェノールのシアニジンやサポニンの抗酸化作用で活性酸素を抑制し、コレステロールの減少、血栓や中性脂肪を溶解し動脈硬化を予防。
糖尿病、ガンといった
重い症状への黒豆の栄養機能の働き
不調・疾病 予防・改善の「黒豆」栄養機能の働き
糖尿病 ポリフェノールトリプシンインヒビターなどの成分がインスリンの分泌を増やし、すい臓の働きを活発にし糖尿病を改善します。
ガン ポリフェノールビタミンEなどの抗酸化成分がガンの原因となる活性酸素の発生を抑えガン発生を抑制します。
肝臓疾患 肝臓の機能を高めるアルギニンやコレステロールを下げて脂肪肝を防ぐイノシトール、コリンが肝障害を改善してくれます。
おことわり

本サイトに記載情報の無断複製、及び流用は著作権法の例外を除き禁じられています。
また記載された表現は、薬事法などに基づくものではありませんので、販売を目的としたご使用を固く禁じます。